サル、イヌ、キジで、 | sbifb4 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

サル、イヌ、キジで、

reply

圧倒的戦力差を覆すミッションを真剣に考えてみた。

(前提として、鬼ヶ島到着前に各動物の調教は万全を期しているものとする。)


極秘裏に上陸後、まず鬼の集落の場所を特定するためにキジを放つ。

上空からの索敵により不用意な接近を避ける。


特定後、集落を囲む森にブービートラップを多数仕掛ける。


数の優位性のまえに単独では全く勝算がないので、敵を撃つには焼き討ちが効率的と思われる。

夜、寝静まった頃、集落の風上から火を放つ。散り散りに逃げ惑う鬼たちがトラップにかかる。


サルには毒の吹き矢を持たせ、木々の上から逃げ惑う鬼を狙い撃ちさせる。

素早い機動力を活かして、夜闇に紛れながら執拗に攻め立てる。


完全に孤立化し身を潜める鬼を、今度はイヌの鼻を使って探し出し、

狐狩りのように追い込み闇討ちで各個撃破する。


朝日が昇る頃、未だ燻り止まぬ焼け野原で、大量の返り血を浴びた新たな鬼が誕生する。


泣く子はビネガー。

posted by sbifb4 | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: サル、イヌ、キジで、

きびだんごって鬼には効かねえのかな、と思って調べたらある意味別物だった。

reply

本来、黍団子。

それを岡山県(吉備国)が地元の名産として桃太郎伝説とコラボ、という流れがあるとか。いちおう材料に黍も使うようですが。

ともかく、懐柔できないなら、ストレートに毒殺とか、打ち粉を白い冷たい粉にして、喰った鬼をわけわかんなくさせるとか。

自陣での誤食への対策は、訓練済みのイヌ。


なお、以下Wikipediaですが、岩手県の桃太郎は、地獄の鬼から「日本一の黍団子を持って来い」と言われて持ってって鬼がダンゴ喰ってる隙にお姫様を救う、という、やや卑怯な赤い配管工というか、ピーチ太郎。


東京は北多摩のだと、家来がなんと蟹・臼・蜂・糞・卵・水桶等、それなんて猿蟹合戦。

お話をせがまれたオカンがうろ覚えのアドリブで乗り切った感あり。

posted by zig5z7 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.