話が繋がった気がした。 | sbifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: ヤシの実サイダー美味しそうですよね。

話が繋がった気がした。

返信

仕事で巡回する先に香料会社のプラントがあるんですが、以前はこの会社の沿道を通る度に強烈な食物臭がモワモワと漂っていたのです。いちご臭だとかカレー臭だとか、日によって違っていたのですが。鼻孔が刺激される度に「あ、これはポッキー用かな」とか「カール食いてぇ」とかつぶやいてました。現在はプラントの増改築を重ね、業界基準などの規制が厳しくなっているんでしょうかね?全く外部に匂いが漏れなくなってしまって楽しみなくなっちゃいましたが。懐かしい思い出。


今思ったんですけれど、これも『充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。』の一例ですよね。匂いはするけれどそこに食べ物はない。たぶんカツサンドドリンクも『匂い』だけなら、すぐにでも製造できるんだと思います。味はわかんないけど。


味と匂いが合致しない飲み物とか作ったら面白そう。

メロンソーダという、名前と味が合致しない飲み物なら既にありますが。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 話が繋がった気がした。

そのプラントの横に住んで麦茶とか淹れたら

返信

それだけで、即、イチゴの香りの麦茶になる気がします。

何喰ってもイチゴの香り、って、そりゃ業界の基準も厳しくなるわ。


…あ。

なら、逆に、その工場が近隣住民の今夜のメニュー決めて、その匂い流せばよくね?近隣のスーパーと組んで。

影響力はみのもんたとかの比じゃないはず。

あと、鰻の煙だけでご飯3杯いける、みたいな人もこぞって近くに住みそう。


それと、匂いが外に漏れた時点で、企業秘密がある程度漏れてるよな、等。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.