ポッピンQ、観てきた。 | sbifb4 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

ポッピンQ、観てきた。

reply

 仕事が早く片付いたんで、ちょっと悩んだけど劇場へ。よく考えたら世間的にはクリスマス・イヴ、とかいうイベント真っ盛りだったんですよね。本気で完全に失念していました。そんなクリスマス・イヴの夜に、ポッピンQを観に来た良い子(?)のみんなはッ・・・デレデレデレデレデレ(注:ドラムロール)・・・デェェェン!


オッサンが7人、のみ!(自分含む) うん、なんていうか、本気で終わっている人達ですよね。(自分含む)


さておき。


 東映アニメーションが60周年を記念して世に送り出したポッピンQ。異例の公開前倒し、初動200館越え上映という点からも力の入れようが伝わります。


「大人から子供まで楽しめる」なんて言い回しがありますが、そんなポッピンQの大人要素・子供要素を挙げ連ねると・・・


大人(大きなお友だち)への訴求点

・キャラクター原案に黒星紅白さん、というチョイス。

・ポッピン族の街を背景に闊歩する、トーンを落とした大人びた印象のキービジュアルによる作品イメージ。

・中学卒業という転換期を控えた少女達の心の葛藤、という思春期モノの王道テーマ。


子供への訴求点

・ポッピン族という、魔法少女モノ定番の随伴キャラ。こころ鷲掴みな衣装(衣替えあり)。

・作中のキーコンセプトとしてダンスシーンを盛り込んでいる点。華やかさ、躍動によるワクワク感。

・基本的に勧善懲悪の明快なストーリー。話の組み立ても子供が理解できることを最優先にしている。


こんな感じ。


 で、本編を視聴して受けた印象は・・・上記の大人要素と子供要素が水と油のように分離してしまっていて、残念ながら上手く混じってない。


 そもそも、思春期というテーマの核心を理解できるのは、『その只中にいる層』と『過去に経験して懐かしむことができる層』だと思うんですよね。ところがポッピンは、このテーマを『これから思春期を迎える層』に対してアプローチしようとしているため、本来深い精神性で掘り下げられるべきテーマが、完結明快・明朗会計なものにされてしまっていて、大人の琴線に触れないのです。脚本・演出の面でも子供の理解度が優先で、大人が唸らせられニヤリとなるような技巧・展開はありません。


 結果的に大人にとっては、青春群像劇を期待して観に行ったら女児向けアニメだった、という結論に至ってしまう。うーん。


 じゃあ、子供向けに舵を切って売って行けばいいじゃん!という話ですが・・・自分には正直『劇場作品として公開されるまっさらの子供向け新規IP』を売りこむ有効な手段が思いつきません。

 子供がコンテンツに傾倒する条件って、勿論それ自体の面白さが第一ですが「流行っているから」「みんなハマっているから」という同調圧力も大きいと思うのです。そういった同調圧力には親も敏感で、じゃぁ、うちの子にもこのコンテンツを与えよう、という運びになる。そこでようやく財布の紐が解禁される。TVアニメならそいうった親への訴求の入り口もありそうですが(タダで始められますからね)、劇場に足を運んでもらって海のものとも山のものともつかないものに金を落とさせるのは至難の技。そんなわけで、自分がこの作品のプロモーションやれって言われたら死を覚悟するレベルです。

 たぶん東映でもその辺の葛藤がいろいろあったはずで、公開直前になってやたらTVCM、YouTubeへのプロモ差し込み、WEBサイトへの広告表示などの物量作戦も行われた様子から『売り方』でも迷走があったんじゃないかなぁ、と。


 あと、劇中にステッキやらコンパクトやら、そういったアイテムが登場しないのでグッズ展開も期待できない。(一応ハートバッジなるものがあるにはあるんですが、すっごく控えめな意匠。)ここもまた難しいところ。地味にスポンサーの問題もはらんでる。


 なんだかネガティブなことばかり書いてしまいましたが・・・ちゃんと素晴らしい点もあるのでコレだけは言わせてください。「キャラクターが死ぬほどかわいい」。下衆な言い方をすると『キャラ萌え』できる。5人がそれぞれ個性と特徴を持ちつつも、少女としての純真さを内包している点で共通していて、「ええ娘たちや・・・(ほっこり)」ってなる。あと、やっぱり黒星さんのキャラ原によるオタ向け訴求の威力も大きいです。ダンスシーンの可愛らしさも相まって、今まで女児向けアニメには食指の伸びなかった自分も新しい1ページ開いちゃいそう。ちょっと危険。物販で使う予定のないマグカップ買っちゃったのはナイショだ。


(以下、ネタバレ含む)

 本編中に未回収の伏線が残されていてモヤっとしたのですが、EDスタッフスクロールの後に続編を強烈に意図した『俺たた』映像が。劇場映画もしくはTVシリーズを視野に検討されているのと思われます。継続的にコンテンツを育てていきたいという思いが伝わってくる。

 でもココから巻き返しを図るとなると、高校生活を送るヒロインたちを女児向けに売っていくのは純粋に厳しいハズなので

大人向けに割り切らざるを得ないと思うんですよね。明確な大きなお友達路線。メタ要素てんこ盛りで。個人的にはその方向でお願いしたいですが、かと言ってそれは東映アニメーション的に目指すべき方向じゃない気もするし。まだまだ難しい舵取りになりそう。


日岡蒼ちゃんの薄い本はよ。(最後に台無し)

posted by sbifb4 | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.