これがあの女のHUISね(発動篇) | sbifb4 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

これがあの女のHUISね(発動篇)

reply

【前回までのあらすじ】


待ちに待ったクリエイト機能が八月末に実装されまして。

本日ようやく時間を見つけていじり倒すことができました。


以下、使用感。


mtubmcfd


背景に画像を配置できる。(540×870pixel)


カスタマイズするキーに割り当てられるのは画像データとテキスト・・・なのですが、テキストに関してはサイズ変更こそ可ですがフォントは選べず、またキーエリア内での文字位置の調整はできません。キーに対して何らかの修飾を行いたい場合は、それを画像データとして用意する必要があります。


ただし、画像データも配置にルールがありまして、予め用意された16×28マスのグリッドに強制的にスナップするように配置されます。1グリッドが30×30pixelなので、画像の縦もしくは横の長さが30の倍数に固定されるわけです。


zp9qvz2w


うーん、これは使い勝手が悪いぞ。なによりボタンに割り当てる画像を一個一個切り出すのが面倒くさい。

どうしたもんだかなぁ、と思ったのですが、意外とすぐに解決方法が。


キーにテキストを流し込む場合にスペース『 』をかませると、結果的に「押せば反応するけど、画面上は何も表示されないキーエリア」が作成されるのです。すなわち、背景として配置する画像に予めキーのデザインを入れておき、そのうえに無色透明なキーエリアを配置すればいんじゃね?


ndbt5j9e


で作ったのが↑コレ。背景に見えるアイコンのような小さな画像の上(上層レイヤー)に無色透明なキーを配置し、クリッカブルマップ(懐かしい)のような効果で反応させています。いやー、楽だ。一気に楽になった。


【結論】ようやく値段分の価値が出てきた気がする。

posted by sbifb4 | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: これがあの女のHUISね(発動篇)

ディスプレイ全体のスクリーンショットを壁紙にするというイタズラを思い出し ました。

reply

でもこれ、書体をろくにカスタマイズできないんだったら、イメージマップの方が絶対楽だと思いました。

クリック(タップ?)で反転などのギミック/フィードバックがあるならまだしも。


そのうちその方法が主流になりそうな気がします。今のうちに先行者利益を。

posted by zig5z7 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.