sbifb4 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

うぉら、キタァァァァァ!

reply

海外で高い評価を受けたPS4®『INSIDE』が11月24日発売!




って、二週間後にはトリコやんけ。いっそがしいなぁ。

posted by sbifb4 | reply (0)

きんモザ(OVAの劇場公開)観てきた。

reply

午後から暇になったので、突発的になんとなくふらっと。種田梨沙さん復調祈願、ということで。


平日でしかも公開二週目だし、空いているでしょ・・・と思ったら、主にヤングで劇場がごった返しているではありませんか。

ちょっと考えてまさかと思い、ネットで調べたら埼玉県民の日で学生さんは休みだった模様。完全に失敗した。

客層はいわずもがな100%男で、うん、なんていうかその、冴えない感じの人々(もちろん自分含む)。気にしちゃダメだ。


本編は完全に既存ファン向けの内容なので、触れません。主役が綾。うれシードさん早く帰ってきて。


なんか隣りに座ってたヤングの笑いの沸点がえらく低くて、終始デュフデュフ言ってた。楽しかったんなら何より。

エンディングのスタッフスクロールで、原画マンの中にぢたま某(←◯で囲む)さんの名前があって、ファッ!?ってなる。

今は原画マンなさってるんですね・・・快楽天時代はお世話になりました。


帰りがけにポッピンQの前売り買う。今年はあとOrange、聖の青春、海賊とよばれた男で、たぶん〆。


(おまけ)

帰りの電車で、Appleの林檎シール貼ったASUSのラップトップPCを広げて、立ったまま打ちものしてる人がいて笑った。

多分、スタバでドヤ顔している人へのアンチテーゼなんだろうなぁ。

posted by sbifb4 | reply (0)

グリーンパパイヤ

reply
jkhw83x7


前回、よく行くラーメン店の店長さんにお裾分けしたんですけど、今日また店に行ったら炒め物になって出てきました。美味い!(細切れ肉とピーマンと椎茸和え。ちょっととろみがあった。)やっぱプロは違うな、と痛感。

その他にもいろいろな人に配ったけど、皆ことごとく「美味しくない」と言っていたのに。

店長さん曰く、ちょっと繊維質多めの冬瓜。タケノコに近いかも。熱を加えた方が身が締まる。手羽先と一緒に醤油・みりんで煮物にしたら絶対美味い。とのことでした。


そろそろ冷え込みも厳しくなってきたので、枯れてしまうハズ。地表部分は切り倒して片付けられるんですけど、根っこを掘り上げて抜くのが大変・・・

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: 貼れと言われた気がした

リンク先のさらにリンク先、食品ぶっかけとかハイレベル過ぎんよ!

reply

言葉は悪いですが、どのリンク先も「おっさん(メンヘラ)」の破壊力が凄まじいですな・・・

お着替え→撮影→うpの間、我に返ることなくモチベーションを維持しないといけないわけで、これ、一種のトランス状態じゃね?

すげー。


ところで、ショールームなんてあったんですね、オリエント工業・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2541

そうそう、

reply

子供の頃はアニメも『マンガ』って呼んでたんですよね。それで通じた。


陰影を付けないセルアニメのちょっと薄暗い画面とか、70年台の独特な配色センスとか、今となっては懐かしいばかりです。


YouTubeに第一話があったんですけど、これ、そもそもパックンが余計なことしなければよかたんじゃ・・・?


posted by sbifb4 | reply (0)

Re: 越えられないラインなんて無いんだよ。

夢はでっかく、等身大。

reply

画像投下で焚き付けないでください(可愛い)。


さておき、リアル球体関節人形よりなぜかキャラドールのほうが敷居が高く感じちゃう。

フィギュアだったらとりあえず飾って、ほこりかぶったらエアダスターでブシューで精神的な折り合いがつくんですが、ドールは夜動くこと前提の接し方をしなければならないような無言の圧力が。

髪の毛にホコリ付いたらやっぱり払って梳くわけじゃないですか・・・その動作を自分自身がする姿を客観的に想像すると、「ぬおおおおおぉぉぉぉ(もんどり)」ってなっちゃう。


まぁでも多分フィギュアと同じで、一体踏み出せばあとは雪崩式なんだろうなぁ・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

車椅子で観覧車に乗る動画

reply


調べてみたら、ココ以外にも車椅子で乗れる観覧車って結構ある模様。

回転を一旦停止させることが必須ですが、他の乗客にはなんらかのアナウンスがあるんだろうか・・・

事情がわからずに突然止められたら結構ビビるんじゃ・・・w

posted by sbifb4 | reply (0)

フリップ・フラッパーズ

reply

うん、ポールのミラクル大作戦だ、これ。

5話にしてようやく楽しみ方を理解する。考えるな、感じろ。


(以下ポール)

ニーナが行ったきり帰ってこないので、遂に失踪扱いになって教室から席が撤去されるシーンだけはっきり覚えてる。

現実でも不幸があって教室から席が撤去されるケースって往々にしてあるかと思うのですが、どのくらいの期間で撤去するとか、指標があるんですかね?(幸い自分はそういう経験が無いまま学生時代を終えたのですが。)県教毎に要綱が、とか?

四十九日あたりまで?翌日には強制席替えイベントとかだったら、あまりにも諸行無常過ぎて悲しい。


(以下ポール2)

Flower on the Desk は目の前に見えるのと背後に感じるの、どちらのほうがより心的圧迫なのか?

posted by sbifb4 | reply (1)

走れエロス(雑記)

reply

お風呂回:わかる

水着回:わかる

お風呂で水着回:バカなの死ぬの?


何故なのか。



こないだラジ館行ったら、ガチャでリサ・ラーソン作品のミニチュアが出てた。

海洋堂。コレ。一回ごひゃくえん。

モノホンは数万円から数十万するので、とてもじゃないですが手が出ません。

ガチャも良いお値段ですが(ライセンス料か?そうなのか?)、まぁ、回せる範囲なので回す。


ライオンが欲しかったのに・・・ (完)



七階のドール屋、興味はあるんですけどやっぱり恥ずかしくて入れない。

フィギュアなら全く抵抗ないのにドールには躊躇してしまう、自らの越えられないラインを痛感する。



NUROにしたせいで自宅の固定電話がソフトバンクに。で、iPhoneとのセット割の申請にソフトバンクのショップに行く。

顧客情報の入力はタブレット端末、契約のサインもスタイラスで画面にさせられ、締結書面はメールで送信されてくる、という完全ペーパーレスっぷり。


うん、なんか落ち着かないというか、いろいろ不安になるな・・・



帰りに本屋寄ったら、今村陽子さんの新刊が出てた。慌てて買う。

このひとの絵柄が大好き。ほっぺたやおっぱいの描写がやわらかそうなとこが特に。あと、時々魔夜峰央ぽい目遣い。

少女マンガ的な要素を含みながらも、内容が変態なものをさらっと描いちゃうところとか。素敵。



ユニクロは大きなサイズを通販オンリーで取り扱うのはやめてください。凹みます。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: sa.yona.laで拡散されてたらごめん

マスメディア向けの撮影のときに本気で顔が笑ってなくて、「笑ってくださ~い 」ってわざわざ言われてた。

reply

普通、撮影の時にカメラを向けられたら大なり小なり笑顔を作るものなんじゃ・・・ましてや女優なんですし。


>低テンションの理由とか考えすぎ?

そこかしこで同じこと言われていて、全然臭いものにフタが出来てないインターネッツ。

それが理由だとしても、仕事をしていく上でずっと覇気のない状態で居るわけにもいかないですし、登壇中なんてまさに絶賛仕事中なんですから・・・ねぇ。カラ元気も元気なんですから、頑張らないと。


でさぁ、監督の方も、予めセッティングされて膳立て万端な状況なんですから、もっと上手くやってよ、っていう。

司会者から振られる質問の回答も、丸暗記してきたものをものすごく辿々しくひねり出してる感丸出しの喋り方で、全く抑揚がないんですよね。もうね、PPC用紙にでもそのあんちょこを印刷して配っちまえよ、っていう。海外でも公開が予定されているので外国人の記者もいっぱい来ていたんですが、商品としての映画をPRする格好の機会だったのに、全く、これっぽちも、作品に込めた熱意が伝わらない挨拶でした・・・


あれなら細谷と小野D呼んでトークショーでもしてもらったほうが(ry

posted by sbifb4 | reply (1)

この世界の片隅に、観てきた。

reply

東京国際映画祭のワールドプレミア。


あえて恐れずに一言でまとめると、

「この物語は北條家の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください(ただし、絶賛戦争中)。」


 どうしても過去の戦争を振り返る時、人はマクロな視点で総括的に捉えて戦争被害を死人の頭数で表現しようとしがちですが、この作品では戦時下における日常を主人公すずの目を通して描くことで、徹底的なミクロ視点を貫いています。

 往々にして個人というのは国家の大局の中に組み込まれてはいても、その日の生を全うすることにのみ生きている。自らの力でどうにもならないことには盲目で、「ただ生きるために、生活する」という愚直さは、ときに人の心を真摯に打ちます。たとえその日常が、一人、また一人と近しい人の命が失われてゆく状況であっても。

 これは現在の平和な時代を生きる自分たちにも普遍的に共通するもので、結局のところ、置かれた環境を手持ちの駒で生きていかなければならない。


 この映画は、そんな生きることの本質について、ちょっと立ち止まって、改めて考えさせてくれる、そんな作品です。生きるってなんだろうね?(哲学)


 あ、あとこれ、MAPPAなんですよ。仕事の丁寧さに頷きながらも、今までにない作風だったのでびっくり。


(以下、蛇足)

上映後に片渕監督とすずさん役ののんさん(旧:能年さん)が登壇されたんですが、監督は終始あがりっぱなしでカッチコチ、能年さんは(理由は不明ですけど)全く覇気のないお通夜帰りみたいなロー・モチベーションで、なんなんだこれ?って感じでした。もうちょい段取りとか雰囲気とか、なんとかしようがあったんじゃ・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

県民手帳にぐんまちゃんのパラパラマンガが付いていると知り、驚きを隠せない

reply

そういえば一度も買ったことないな・・・

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: 聖地巡礼にしても巡るコースがあって地図があるわけで、その地図というのはア ニメの中にも伏せられた形で存在している。

時かけで、真琴が走ってゆく長いカットが思い出されました。

reply

チアキに合うまでの疾走してゆく心ともどかしさが良く表現されていると思う。


君の名は。でも、糸守の鳥瞰図が幾度か挟まれることで、視聴者に上手く地図(と距離感)を落とし込んでいます。あの山道をおばあちゃんを担いで歩いた三葉(in瀧)の労力はスゴイですし、必然的にキャラクター同士の密な心の交流があったということも、想像させます。


もしかしたら、ガルパンの見過ぎで、行ったこともないのに大洗の土地勘を手に入れてしまった人、とかいるのかも。

でも実際に土地勘を手に入れられるくらいの情報量、となると、常に太陽光の光源を意識して背景(及びキャラへのライティング)を描き込んで、方向性を刷り込ませないと難しいかなぁ・・・むむむ。


(蛇足)

ギャグアニメとそうでないアニメの境界線を、『背景にエフェクト画像を使用したか否か?』でぶった切る、というのはどうでしょう?あー、でもスポ根アニメでも多用されてそうで、一概には言えないかー。


でも低予算アニメほど背景がエフェクトだらけですよね・・・

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: >パステルカラーの世界

>「アニメの制服みたいな色の服を採用している学校は、現実にはない」みたい な話

reply

いまさらここをほじくり返すんですが。


今期は豊作で大満足なんですけど、主に楽しみにしている番組が水曜から土曜にかけて集中していて、日月火が手持ち無沙汰。なんで、一年ぶりくらいに乙女ゲーアニメに手を出してるんです。きゅんきゅんマジきゅん。←これ、高校の制服なんDAZE☆。


サンライズ制作なんで無駄に作画がいいんですよねぇ・・・


主役なのに、キャラクター紹介からナチュラルにハブられてるヒロインの娘が可哀想。

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: 本作品における表現には現在の社会情勢にそぐわない部分もありますが、発表時 の時代背景を鑑み、当時のままで再販することとしました。ご了承ください。

個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません(主にサイズの問 題で)。

reply

>一つ目は、解像度が600px×400pxだということです。

うーん、ぼかしかけて、バストアップのカットで奥行きを表現した背景にするくらいですかねぇ・・・

もしくは作中で登場するモニタ機器のハメコミ画像として活用すれ(ry


zig5z7さんが以前、画面をクリックするとそこを指差す画像が出てくるサイトを紹介されていましたが、アレの応用でクリックした場所を消失点にした一点透視画像をランダム表示してくれるサイト、とかどうですかね?二箇所クリックで二点透視。三点クリックで三点透視。いやもうシチュエーションの指定が出来ないのが致命的ですけど。


>円盤特典映像:NC(ノンキャラ)本編。

これ、映像でイントロクイズみたいなことできそうですね。劇伴なし、作品の特定を可能にする作中の文字列はモザイクかけて、純粋に背景映像だけで作品を当てる、みたいな。ちなみに物語シリーズと日常は瞬殺でわかると思う。


>ああ。これは気がつかないほうが多分よかったやつだ。

絵に清潔感があるせいでエロとしては微妙でしたけど、シナリオは面白かった記憶があります。

ちなみに当時はそこそこ人気になって、オンリーイベントが開催されるほどでした。


エロゲは・・・あの頃が一番いい時代でしたね・・・たかみちさんとか緒方剛志さんとか大槍葦人さんとか、主に原画家さん目当てで手を出してた思い出。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: 自己レス。背景における「不気味の谷」とは。そんなもんあるのか。意外とない よね。

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在 のものとは関係ありません(背景含む)。

reply

そこに『魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~』さんが颯爽と登場ですよ。え?実在の場所にしか見えないって?気の所為☆気の所為。


>土地や持ち家の肖像権ってあるのかね。ないよねえ。

>地元の商店街が実写作品に映ってたことはある。


古い話。某エロゲの背景で、ロケハンで撮影された田舎の商店をまんま登場させているものがあって、スタッフ曰く「店のオバチャンには撮影の快諾を得た」という話を聞いたことがあるんですが、どんな内容のゲームかは絶対言ってない気がする。いまネットで調べたら聖地巡礼している人までいて、大なり小なりやっぱり影響って出るものだと思うんですよね・・・


>そろそろ、背景用架空市街地3Dデータって出ないだろうか。

Carraraが、もともとはそういう目的のソフトじゃなかったでしたっけ?今調べたら終息しちゃってるみたいですが。

3Dだと、アングルは狙ったものが撮れそうですが、それこそキャラとのマッチングが大変そう。(なんだかx3ru9xさん向けの話になってきたような)


背景会社の美峰で、プロの仕事を素材として販売していますね。コレ。街並みなんかもありますから、誰も怒らない背景用データとしては問題ないかも。


自分にはわかりませんが、見る人が見れば「これは草薙の仕事」「これは美峰」「GREEN」とか、言い当てられるんだろうか。背景ソムリエ。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: >パステルカラーの世界

ウンディーネ居ねぇし、ゴンドリエーレは黒い佐川だし。

reply

ついでにゴンドリエーレで画像検索したらこんなの見つけたし。人間だけパステルカラーになってもなぁ・・・


>二次で聖地巡礼ビジネスをもくろむのであれば色調はある程度現実に合わせるべきだと思うんです。


zy2iyna4


久美子かわいいよ久美子(傍観する分には)。さておき。


個人的には、現実に合わせる必要はそんなにない気がします。

嘘だからこそ表せる美しさこそ、やはり二次元の醍醐味なんじゃないかなぁ、と。美少女には鼻の穴があってはいけないのです。夢ぐらい見たっていいじゃない。

ビジネス・観光として見たときに、それ以上に問題なのは現地の美観だと思う・・・実際、ヴェネチアの街中はぬかるんでいるところが多いですし、海辺ですからカモメの糞とかも凄かったですし。少なくともハイヒールで闊歩するには不向きだったかと。


コスプレに関しては、二次元を忠実に再現するのではなく現実世界の彩度・明度に合わせて再構築するほうがいいんじゃ・・・そもそも生身の人間のボディラインに不向きなのが多すぎるでしょ・・・・とか。

posted by sbifb4 | reply (2)

紛争の匂いしかしない。

reply

疲れが取れないんでまたスーパー銭湯行ってきたんです。

そこは充実した露天風呂がウリなんですが、今日行ったら垣根の外、すぐ隣の土地に建売らしき2階建ての住宅が出来ていて、何をどうあがいても絶望的に露天風呂が丸見え。


意図的に紛争を引き起こそうとしているようにしか感じられません。ひでぇ。絶対アレ、◯力団がらみだよなぁ。


現状では一時的な措置としてなんでしょうけど、住宅の露天風呂側に屋根の高さまである足場を組んで布を張ってガードがしてある状態ではあったのですが、もうなんか本当に風呂屋が可哀想。


疲れを取りに行ったはずなのに、やるせない気持ちになって帰ってきた・・・


(見られても減るもんじゃないので、自分はそれでもまた行くけど。)

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: 誰だったかの名言。「としをとる、それは、己が青春を自分の中で作り出すこと だ」

>あれです、ARIA症候群。

reply

「私達のARIAはまだ始まったばかり」(アイちゃん・あずさ・アーニャ)

写真の中に、BOXで追加されたエピソードに出てきたコンタリーニ・デル・ボーヴォロがありました。


3e7yna4b


実際は、あんなパステルカラーの世界じゃないですよ?


もういちまいだけ。サンマルコ広場の旧行政館。


mw4pt5j9

continue ...

posted by sbifb4 | reply (1)

無題

reply
srx4bmcf


パスポートの残り期限が一年切ってた。

今はもう独りで海外行こうなんて気にはさらさらなれない。

振り返ると、単なる度胸試しだったような気が。


大人になってかかる中二病的な。


でもこうやってたまに写真を見返すと、死ぬ前にもう一回くらい行っておきたいなぁ、と思える不思議。

posted by sbifb4 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.