sbifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: http://ubiu9x.sa.yona.la/64

真逆の意味を持つ言葉

返信

本来のハブの意味が車輪の中心でスポークを集約する部位を指しているのに対し、日本語では除外される(村八分にする、の短縮らしい・・・眉唾だけど)という意味なのは面白いですよね。偶然の対義語。


さておき・・・・おい山田くん、座布団全部持ってって床板まで引っぺがしちまいなッ。


【余談】

YouTubeで昔の笑点を漁ると、ものすごくテクニカルなうえにお客にも知識を求めるような意識高い系の回答ばかりで感心します。一体何故今のようなダジャレ量産工場になってしまったのか・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

バカです!ここにバカがいます!

返信

NURO2ギガ開通してから、今メインで使ってる16ポートのスイッチングハブがギガじゃないことに気がついた・・・・しばらく放心する。


ヨドで24ポートのギガをポチッたんですけど・・・PCやらガジェットやらは購入することに大なり小なり喜びを感じるけど、ハブって購入する喜びがまったくないよね?

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: http://ubiu9x.sa.yona.la/61

昔、

返信

スクエアのプレステ用ソフトで、レーシングラグーンっていう、まぁいろいろぶっ飛んだゲーム(検索推奨)があったんです。レースに勝つと相手の車からパーツを奪えるというシステムで、奪えるパーツの一覧に何故か『ボディーカラー』があったのを思い出しました。


きっとバトルに勝ったんですよ、フォレスター。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

俺も一週間布団で丸くなって脱皮したい。

返信

いや、脱皮はしなくていいから脂肪肝治ってたい。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

「髪切った?」

返信

ソメラちゃん二期が始まったのかと思った。


【おまけ】

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: 言語差

あそこは人と人との距離感がとても近く、特殊な場所なのでは?・・・とか。

返信

確かに地方差はありそうですね。


自称、人情のまち。「おばさん」は、他人行儀な距離感を意図的に付けるニュアンスがありそうで倦厭されるのかなぁ。観光で出向いた時などには注意して使おう・・・・

他にも、ヒョウ柄の衣類を装着してアメちゃんくれる印象なので、その様相からも「ちゃん付け」の方がふさわしそう、とか、いや、「おばちゃん」よりも「おばはん」が一番しっくりくるでしょう、など、そんな外野の偏見のオンパレード。


これ・・・もしかしたら『地方ごとにパーソナルスペースに違いが』、みたいな題材としてまとめたらかなり面白いんじゃないでしょうか?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: 「て・い・と・く、提督!」

ここで更に第三の勢力が・・・

返信

「おじさま」「おばさま」だったらどうだろう?ふつうに何か含むところがありそうw


結局のところ、歳はとっても精神年齢が伴わないのが一番の問題なんですよねい。

ぶっちゃけ就職して以降、時間が止まっているようなもんだし・・・

この辺、普通に適齢期に結婚して子育てして時の流れを全身全霊で受け止めてきた人ならいかなる呼称にも耐えうるのだろうか。


そういえばアメ横で鰹節買った時に、店員のおばちゃんから「だんなさん」って言われたのも衝撃的だった。ものすごいダメージ。


【以下脱線】

小倉唯の全力で殺しに来てる感があざとくて好きです。「おまえらこういうの好きなんだろ?」「ほら、餌の時間だァ」みたいな。(小倉さんファンの方、ごめんなさい)

ところで艦これ、潜水艦の娘らはやっぱり水上スキーじゃなくて水中を潜航するんすかね?アニメにする時。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

オッサンの憂鬱

返信

 小さい子供に呼び止められる時に「おじさん」って言われるよりも「おじちゃん」って言われる方が、圧倒的に精神的ダメージが大きい。


 実際の『伯父・叔父』『伯母・叔母』でも無いのに、年相応の男女を総じて『おじさん』『おばさん』と呼ぶのは、人類みな兄弟的な思想がベースになっているんだろうか?


 もっと年長者の心のケアに配慮した呼称は無いものか?そこで、純粋な年齢の相対差だけで用いられる「先輩」「後輩」を一般的な不特定多数を対象とした呼称として、意味の拡張をし押し広げたい。ほら、若い子から「先輩」って呼ばれたら、疑似学園生活プレイっぽくて(以下ry

投稿者 sbifb4 | 返信 (2)

ドイツ人は少し怒ってもいいと思う・・・

返信

終末のイゼッタ1話観た。


AT-Xで半年も前からCM打っていて、個人的にAT-Xで押すアニメってコケる印象なんですけど、一話目に関してはつかみオッケーだったように思います。ストーリーに既視感はありまくりだったけど。移送中の超人の封印が解かれるとかもう出涸らして色もつかない展開だけど。


で、同じような理由で。ドイツという国はあまりにも悪役を振られ過ぎだと思うの。史実からイメージしやすいんでしょうけど、架空の世界の物語でも無条件にドイツ=悪、みたいな公式が何の疑いもなく受け入れられてしまう悲しさ。なんだかなぁって思う。いつまでたっても、子々孫々まで悪役の系譜として語り継がれるドイツ国家に不憫を感じます。

大戦後の国家的な謝罪って、ドイツしかり日本しかり一頻り終わっているはずなんですけど、結局コレって人間の「表面的には謝罪を受け入れても、内心では絶対許さない、絶対にだ」っていう心理が下支えしてるんだろうなぁ。あとは単純に大衆共通の印象として乗っかりやすいから便乗、の果てなき繰り返し。ぬーん。


話を戻してイゼッタ。

これ、百合アニメってことで期待していいんですよね?来週以降、もう、くんずほぐれずの展開に期待していいんですよね?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: 外人 : 「私は日本に観光に来たんじゃなく、夢を見に来たんです。」

これ、

返信

出稼ぎに来た系の人の言葉だと捉えると・・・・


研修生(研修するとは言ってない)

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

無題

返信




仕事柄、配達先の車は一通り目にしていますが、住宅街のお隣同士で全く同じ色の同じ車種なんてのもありますから、そこまで気にされなくても。まぁ、運命は感じちゃいますけどw


昔一緒に仕事していた先輩社員が脳のリソースを無駄に余らせている人で、配達先の車のナンバーまでほぼ完璧に網羅してた。あれには笑った。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: 力はパワーだ

実はツッコミ待ち、という可能性が微レ存

返信
nw4pt5j9


この画像を貼ることを我慢出来ないあたりが自分の人としての未熟さなんだと思う。


ところで、このふたば用アシストサイトみたいなのナニw

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: あいつだろうな、と思ったら案の定だよ

これ、そいういうゲームになりそうですね。

返信

「絵描き名」「加減して良いワードの上限」「判定に使うサムネを頭から何個目までにするか?」などの条件を決めて、意図した結果の純度が高い方が勝ち、みたいなダメ・ウェブスキル勝負。


岸田メル先生は、もう岸ダメる先生表記でもいいような気がする。エンターテナー的な意味で。


【追記】

モウ ホントウニ ドウシタラ イインデスカネ ?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

最近ちょっと感じたこと。

返信

イラストレーターさんの名前で画像検索をかけたときに表示される作品のサムネイルの統一感というか、そこから見て取れるイメージカラーが、ああ、なんかいいなぁって。こんな感じ。


山本タカトさん

マツオヒロミさん

たかみちさん


個々の作品自体ももちろん良いのですが、きれいに並べて見渡すとまた別次元の視点でなんかキモチイイ。うまく言葉にできないけど。サムネイルの美。


まぁ、意図するサムネイルが並ばずにうまくいかない人もいるんですけどね。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: &ロックンロールは?

あいよ!

返信

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

生きるっていうこと(オッサン篇)

返信

我が身を振り返った時に猛烈に感じる「人として終わってる感」と、上手く折り合いをつけていくことだと思うの。


クール末の恒例行事、外付けHDDへの録画データ・ムーブ祭りと積み本消化で休日を潰す、初秋。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

なんだかなぁ。

返信

自宅の回線をフレッツからNUROに切り替えることにしたのです。


で。


「書面で申し込みしたあとは工事の日取りを決めるための電話をお待ち下さい(はーと)」

という内容だったので待っていたのですが、電話がかかってきたときには風呂に入っていて出られず。

留守電に「またおかけします」と録音してあったので再び待っているのですが・・・・


3日経ってもかかってこねぇ。


いや、たしかに一発で出られなかった自分にも問題あります。そこは謝る。

でもさ、せめて翌日か翌々日くらいにはまたかけてきて欲しいではないですか。

(じゃなければ、具体的に次は何日後の何時頃かける、とか留守電に入れるなど。)


いやたぶんね、オペレーターの人もシステムが割り振って画面上に出てきたお客に順次電話をかけているだけで、

一度繋がらなかった相手が次にいつ出てくるか、なんて知ったこっちゃねぇ、ってのも理解してます。


でもさ(自分もお客商売ですけど)ビジネスマナーの側面から考えるに、連絡取れなかったからって3日以上も顧客を放置っていかがなものよ?理屈はわかっていても当てもなく待たされるのって普通にストレス溜まるわ・・・・


純粋に効率の悪いこのシステムに問題を提議したい・・・

回線は開通していませんがSo-netの会員IDとパスは既に割り当てられて知らされているので、

それを使ってWEB上のフォームから工事訪問可能日を選択・指定するようなシステムはできないんスかね?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

100億のニュースを其処彼処で耳にした所為で、

返信

無性にまたおっぱいを揉む瀧君の指芸を見たくなっちゃったじゃないか・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

ケミカル・ペースト☆MISO

返信

味噌のパッケージに書いてある


『料亭の味』の文字が


『科学の味』に見えて、


なんだかいよいよヤバイ感じ。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

聲の形、観てきた。

返信

 平日なのにいい感じの混み具合。小学生三人組が前の方に陣取ってたんですけど、おまえら学校サボリかよ・・・


(以下、ネタバレ含みます。)


 ともすれば題材だけで「障害者とどう向き合ってゆくか?」というテーマの映画と勘違いされそうですが、そうではなく、主題は「(健常者・障害者に関係なく)誰の中にでも遍在する、人と人との間で生まれる感情に自身がどう向き合ってゆくか」というもの。山田尚子監督ということで絶対に上手く仕上げてくることは疑っていませんでしたが・・・予想の上を行っていました。


 原作を2時間の映画にするにあたっての「切った・残した・詰めた」の手腕がすごい。(ここは脚本:吉田さんの力量も大きいかと思われます。)

 ともすれば陰惨さが目立ってしまう小学生時代のいじめのシーンを、早めのカット切り替えとハイトーンの明るい画面構成で、重すぎないように伝える絶妙な力加減(だっていじめそのものがテーマじゃないもの)や、観覧車での出来事から橋の上での決別、硝子の自殺未遂までの流れの一貫性(この辺、原作では自主映画製作が絡んできて尺が伸び伸びだった分、伝わりにくかった)など、本当に過不足なくまとめられています。

 また、言葉よりも仕草や表情を端的に用いることで得られる体感的なテンポの良さも印象的でした。アニメって、やっぱりこういったノウハウ/技術の突き詰めなんだなぁってつくづく思った次第。


・潘めぐみがまた新しい声を出してた。この人本当にどれだけ違う声だせるの・・・・

・佐原のビジュアルが原作の五倍増しくらいかわいい。万歳もかわいい。

・原作でもそうだけど、川井と真柴はどうにも免罪されきれない感が。


 個人的に印象が強かったのは、将也の入院中、将也母に硝子母が土下座をする場面。

 原作だとカットアウトした状態で動作が行われた扱いになっていていきなり土下座が完了しているのですが・・・映画では動きがついて、隣に結弦が駆け寄るシーンが丁寧に描かれることによって、冷淡な人物として描かれてきた硝子母も命の重さを知る人の親、という意図が強くにじみ出ていました。土下座は、そこに至る過程の動作こそ重要なのかもしれない。


 物語の最後ですが、将也と硝子が手を取り合って未来へ進む「二人の物語」として描かれた原作とは対称的に、映画では「石田将也の物語」として、彼が世界と向き合うシーンで帰結します。この辺もまた、テーマをストレートに伝える演出として上手く機能していると感じました。


これは、円盤間違いなく買う。


【蛇足】

 硝子ですが、吃音という性質上セリフが聴き取りづらいため、原作を読んでいないと何と言っているのか分からず戸惑うシーンがあると思います・・・でも、多分それを含めて織り込み済みな気がする。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.